本文へスキップ

文理融合複数教員による出前授業やワークショップ活動

チームGANTTとは?融合講義とは?PROFILE

  GANTT=Give Attractive kNowledge with Team Talk

高度情報化・知識社会と呼ばれ、複雑化を極め続ける現代において、コミュニケーションの重要性は増すばかりです。さらにグローバル化社会の到来は一見すると地理的な距離を縮めていますが、実はコミュニケーションをとるために必要な文明・文化的コンテキストの「共有量」に大きな隔たりを形成しています。そこで、文化・文明コンテキスト共有ゼロの対象=イデア・デバイス「宇宙人」に対して、人類の英知(学問)を伝える意味・技法の理想を追求するべく、私達チームGANTTが結成されました(2013年)。

文系・理系あるいは学問の専門分野という枠を取り払い、複雑な社会問題や自然科学的テーマをどう伝え、どう共有するか? 複数教員による出前講義等の実践的活動を通して、文理融合授業の可能性や複合問題の解決方法を探っています。


※チームGANTTのパンフレットはこちら >> Click

やっていること(融合講義とは??) ※文理融合・異分野融合

 小・中・高の先生方、次のようなことでおなやみではないですか?

大学の先生方は次のようなことでお悩みではないですか?



【提案(仮説)】
“2名・3名・4名…の研究者で一緒に講演できれば
上の悩みが解決するかも??"
いわば…
ピン芸ではなく「コンビ芸」!
私達チームGANTTは「文理融合授業」の実践を通じ、複数教員での出前講義の可能性を探ってきました。
そして、複数スピーカーで一つのテーマについて話題提供を行なう「方法」を編み出しつつあります。

融合講義(コラボ講義)のメリット
その1:生徒と教員のコミュニケーションの多様化

一般の方々や学生は「先生の話は絶対に正しい」と思っています。
(=コミュニケーションの一方通行)

従来の「教室」

 
一方、大学の教員や研究者・専門家達は、学会などの発表の場における専門家同士の議論を通じて、「学術的な正しい知識」が生まれていく過程を目撃しています。コラボ講義を通じて「先生同士が議論する」姿を受講生(生徒)にみせることにより、「知識はこうして生まれるのだ」「世の中には議論すべき課題がある」ということを生徒に示すことができます。生徒にとっては学術的な議論の仕方を学ぶチャンスでもあります(学術的な議論 ≠ ケンカ)

コラボ講義での「教室」
(一方通行ではなく、多面的なコミュニケーションから、生徒の自発性を促す効果も期待)
(また下図のように、多様な講義スタイルも可能)

教員の一人が生徒の輪の中に入っていったり、生徒を2グループに分けて互いにディスカッションしたり…etc.

融合講義(コラボ講義)のメリット
その2:広く・深く学問の世界を感じてもらう。

単独教員の講義では、自分自身の専門を「狭く深く」語る傾向が強まります。複数教員が1つの授業を担当していても、教員1名ずつが教壇に立って順次話をするスタイル(リレー講義)では「狭く深い」話の羅列になりがちです(下図)。


従来の「リレー講義」
専門家Aが講義し→その後、専門家Bが講義しても、2つの専門分野は乖離したまま。
     
コラボ講義では「学術分野と分野の境界」にフォーカスした講義を行います(下図)。
必然、教員2名以上でのコラボ講義では幅広い話題提供を行うことになります。

コラボ講義といえども、各教員は(実際には)自身の専門分野を中心に語るわけですが、複数教員による相互質問・コメントの効果により、生徒は自然に学問の世界を「広く・深く」感じることとなります(下図)。

「コラボ講義」
専門家A・Bのトークの掛け合いから、学問分野間の共通点・相違点(オレンジ色の部分)を生徒は感じられ、
その結果、生徒が学問の世界を広く・深く感じることが可能となります。

融合講義のデメリット

ずばり、教える内容量は減ります。教員同士が互いに質問し、コメントをする時間を確保する分、やむをえません。ただし、生徒が教わる内容量は減りますが、生徒が考える量は増えるかもしれません。特に社会に数多ある諸問題を考えるためには、多様な知識の集積・合体・昇華が必要であり、生徒自らがその一端を感じることができれば、融合講義のメリットはデメリットを上回るでしょう。

なお「融合講義をやる場合は、教員の準備量が増えるのではないか?負担が増えるのではないか?」と危惧される方もおられるようです。実は準備量や負担は「減ります」。さらに初対面の教員や研究者・専門家同士でも、コラボ講義は十分可能であることが、これまでにチームGANTTが実施したワークショップで実証されています。

チームGANTT

・2013年結成
・文系理系の融合講義
・複数教員によるチーム講義
・複数教員によるワークショップ

などを開催しています。中学校・高校・一般の方々からの講演のご依頼を承っております。多様なテーマに対応いたします。